テンゴでも摘発される雀荘と摘発されないネット麻雀

今年の始め、とある麻雀営業店がテンゴでの賭け麻雀で摘発を受けるという、雀荘フリークには衝撃的な事件がありました。

事件以降、レート表示を掲げる店は殆どなくなり、派手な宣伝もできず窮地に追い込まれている雀荘が増えているとか。点数機能付きの全自動卓があるだけで賭博幇助罪の疑いが掛けられてしまうというのですから厳しいですね。今後、カジノ法案が可決されれば状況はかわるかもしれませんが、しばらく雀荘はどんどん減少していく傾向にある様です。

それにしてもテンゴで摘発って・・。

そんな中、あるネット対戦麻雀の利用者が増えています。

その名は「ドラ麻雀」

 

ネットからダウンロードして遊ぶネットワーク対戦型麻雀です。

ネット対戦麻雀は数あれど、このゲームは非常に画期的です。

何が新しいのか?

このドラ麻雀、何とお金を賭けた麻雀をするゲームなのです。

現在の日本の法律では賭博行為は違法。たとえテンゴでもテンピンでも賭け麻雀は摘発の対象になります。それが今回の事件で明確になりました。
しかし、このドラ麻雀というゲーム、日本の法律に違反することなく賭け麻雀を楽しめるというもの。さらに、テンピンどころじゃない、それ以上の高レートで打つことも可能。
何故そんなことができるのか?

気になりませんか?
摘発リスクなくいつでも賭け麻雀を楽しみたいという方、高レートで打ちたいという方、このゲームは間違いなく要チェックです。

 

 

 

Poster: admin. Category: 麻雀関連.
28 5月

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.